肩の複雑骨折の治療

先日は2年前の転倒により肩を複雑骨折し、腕にチタンを埋め込む手術を受けられた患者さんの治療でした。

 

2年前から理学療法士さんによるリハビリと私の治療を併用して通ってくださっています。

 

当初は患者さんにストレッチとほぐしをメインに施術をしていましたが、現在はほぼエネルギー治療のみで、あとは仕上げにストレッチを少しだけ施します。

 

以前よりも怪我の後遺症による肩の極端な傾斜がなくなりバランスも整い、腕も上がるようになりました。

可動域が全快まで戻るよう、引き続き経過をみています。

 

当院の施術は無理な力を込めず、触れるだけの治療です。

治療を受けている患者さんのからだが自然に動くことがよくあります。

骨盤や背骨が動く感覚も感じ取れる場合があります。

 

私(手塚)が動かしてるんじゃないの??と聞かれるのですが、私はあくまでも患者さんの自己治癒力が高まるようエネルギーを流すことしかしません。

患者さんのエネルギーが50%だとして、私のエネルギーによって患者さんのエネルギーを100%に引き上げ治癒力を高めてあげることで、患者さんのからだが修正を始め、自然と元のあるべき所に筋骨格が戻ります。

怪我の後遺症にも対応でき、治癒力を高めることによって治りが断然に早まります。

また背骨の歪み、骨盤の歪みにも有効です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP