TV、CMのからだへの影響

TVを見ていると健康番組や予防医学などの情報で溢れています。

CMでも生命保険会社関連のものが多く見られます。

病気にならないための予防医学

ガンにならないための食事、

など、ならないためと否定をしつつ、病にフォーカスした文言を使用しています。

映像や情報のもつサブミリナル効果によって無意識に刷り込まれ、日常生活においても常にどこかで病気への不安が付きまといます。

日本人のガン発症率は2人に1人と言われ、増加傾向にあるのは食事の変化や社会的ストレスの他に、こういった情報を日常で目にすることにより、潜在意識レベルからある時実際にガンとして顕在すると考えられます。

 

すべての意識が自分の現実をつくりだすのです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP