リラックス法

こんばんは!

大変ご無沙汰しておりますー🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

 

今回は誰にでもできるリラックス法をご紹介します✨ 

 

『シュルツの6段階自律訓練法』

 

 

J.H.シュルツというドイツの博士によって発案されたリラックス方法・自己催眠導入方法です。

 

1段階〜6段階の手順をふまえます。

 

1段階「手が重い、足が重い」

2段階「手が温かい、足が温かい」

3段階「心臓が静かに規則正しく脈打っている」

4段階「楽に呼吸をしている」

5段階「お腹が温かい」

6段階「額が涼しい」

 

まずは深呼吸して、からだの力を抜きましょう。

 

息を深く吐き切るに従って「自分のからだがだんだんとリラックスできている」という状態を意図的に作ります。

1段階目から進めていきます。

利き手→利き手ではない方の手→利き足→利き足ではない方の足

というように、手足のパーツごとに順番に力を抜いていきます。力が抜けることによって手足が重たく感じるようになります。

2段階目も同様に

利き手→利き手ではない方の手→利き足→利き足ではない方の足

という順番で手足のパーツがそれぞれ温かくなるのを感じます。

3〜6段階も意識やイメージで行なっていきます。

5段階目の「お腹が温かい」という意識はとても大事です。時間がないときはこれだけやるのもアリです。セロトニンの分泌が増え、リラックス効果大で、健康にも良いです。

6段階の額が涼しくなるというイメージは最初はなかなか掴みにくいのですが、額あたりがスッキリとするというような感覚です。

これらを日々繰り返し行うことがポイントです。

この自律訓練法により次の効果が生まれます。

 

・リラックスできるようになる。

・疲れが取れてイライラがなくなり、安定した気分になれる。

・自己コントロール力がつき、うまくコントロールできるようになる。

・からだが健康になり、積極性がついてくる。

・集中力がつく。

何か心配事があったり、集中力を高めたいときなどにおすすめです🤗

他にもリラックス方法をこれからご紹介していきますね(^-^)

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP